名刺の風習とマナーを覚えておきましょう

名刺とは社会人の自己紹介として利用されるものです。
おもにアジアのビジネス慣習でしたが、最近では欧米でもメールアドレスの交換の際などに利用されています。
自身の所属や役職、電話番号やアドレスといった連絡先が記載されており、今後のビジネスに活用されていきます。
日本では、会ってすぐに挨拶の流れとともに名刺交換に流れることが多いので、交換時の礼儀やマナーをしっかりと捉えておくと第一印象が良いものとなるでしょう。
交換の際に、気をつけたいのが渡し方と受け取り方です。
渡す際には、相手が差し出した名刺より下に差し出すと良いでしょう。
そして、必ず折れなどのない綺麗な状態で差し出すようにしましょう。
そのためにも専用のケースは必須となってきます。
受け取り方としては、相手先の社名やロゴに指を置かないように受け取ります。
また、相手が目上の方の場合は先に自身の名刺を受け取ってもらいましょう。
先に受け取らないように気をつけておくと好印象です。

自分だけのネームカード

低コストで作成する動画

人材紹介サービスは【ワン&オンリーキャスティング】

カッコイイを徹底追及したスーツ

次世代のネット資産

最新記事

  • 名刺はビジネスマンであれば、誰でもが使用する必需品と言えます。
    自分がどの会社に所属していて、 …

    詳細はコチラから!

  • 名刺入れを購入するときのポイントとなってくると、普段から持ち歩くものになってくるので実用性と同時にデ …

    詳細はコチラから!

  • ビジネスの上で自分のことを相手に覚えてもらうというようなことはとても重要です。
    印象に残るよう …

    詳細はコチラから!